耐震性の高い家とは|新しい門出に敷礼ゼロを提唱|リーズナブルに

新しい門出に敷礼ゼロを提唱|リーズナブルに

マンション

耐震性の高い家とは

マンション

地震に強い家を建てるためには注意点があります。まず大切なのは立地ですが、造成したり整地したばかりの土地の購入には慎重になる必要があります。元々沼や池だったところを埋め立てたような土地は、地盤が柔らかいものです。見た目は綺麗でも、このような土地は家を建てると沈み込むことがあります。また、注文住宅で地震に強い家を建てるならば、そのデザインはシンプルにするのがベストです。上から見て四角となるような造りであれば、地震の揺れに強いものとなります。けれどもデコボコした建物となると、揺れのエネルギーが一箇所に集まりやすくなります。その結果、その部分から破損が生じるようになり倒壊の危険性が出るようになるわけです。

まず地震に強い家を建てるポイントは、筋交いなどを十分に入れておくことです。さらに窓もできる限り小さめにすることで、壁の面積を増やして構造上強くすることができます。また上階と下階の窓の位置を揃えることも大切です。揺れが発生した時に建物がねじれるように揺れないことが必要だからです。さらに、強度が高いことからコンクリートを多用する場合には、その重量に耐えられるように地盤を強化することが必要になります。また地震に強い家はできる限り軽量化するために、屋根も瓦を使わないなど工夫しています。梁や柱を金属の金具で固定しておくことも大切なことです。このように細かな点で工夫することで、地震に強い家を建てることができます。また今は元々地震対策が施された賃貸物件もあるので、賃貸物件探しのときにもチェックしておくといいでしょう。